中古転売の基本

Pocket

中古転売とは、字のままですが中古品を仕入れて販売をします。

仕入先としては、リサイクルショップであったりフリマアプリだったりします。ヤフオクなどのオークションサイトで仕入れをして販売をすることも可能です。

 

どんな商品を扱う??

中古商品で扱う物は、どのような物でも問題ありませんが、注意をしておいていただきたいのは「売れたら送料がかかる」ということです。送料は商品の大きさや重さ、配送先などによってことなってきますので、大型の商品を扱うのであれば送料も考えて仕入れを行う必要があります。

転売を始めたばかりの方であれば、まずは小物(CD・DVD・ゲーム・本)などを扱う方が送料なども考えやすいかもしれません。送料は「特約」を組むことも可能ですが、今回は特約の話は省かせていただきます。

 

中古転売で気を付けること

中古商品は、商品によってコンディションが異なってきます。例えば、「特典が欠品している」とか「傷がついている」など、個別にコンディションが異なり、コンディションによって売れる価格が変わってくることもあります。

 

中古転売の魅力

中古商品は、市場に多く存在をします。よって1つの売れる商品を見つけることで同じ商品を繰り返し販売することが可能です。

例えば、CDやDVDなどは多く市場に出回っているのでブックオフで利益の出る商品を見つけた場合には、別のブックオフに行ったら同じ商品を見つければ、その商品も仕入れて販売をすることができます。

さらには、既に利益が出ることが明確な商品が多いため、安定して継続的に利益を出していくことが可能。

 

中古商品のデメリット

中古商品のデメリットとしては、先にお話をしたように「個別にコンディションが異なることがある。」「同じ商品を大量に仕入れることができない」という点が挙げられます。特に2点目のデメリットが存在をするので、複数店舗を廻って仕入れをしないといけない場合もあります。

・初心者はまず小物(CD・DVD・ゲーム)がオススメ

・売れた際の送料も考えよう

・メリット・デメリットをバランスよく調整する

コメントは利用できません。

メルマガ【せどり講座】

スカイプコンサル

ブログランキング参加中

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
ランキングにご協力ください!クリック!

価格改定ツール

ページ上部へ戻る