メルカリを利用した転売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

こんにちは^^

やかもちです。

さて、最近利用者が増えているフリマアプリ「メルカリ」ですが、利用していますか??

販路としても仕入れ先としても利用できるので便利ですよ。

やかもちも利用しているのですが、正直「販売」よりも「仕入れ先」として利用しています。

経験の無い人でも気軽に利用できるフリマアプリですが、少し気になるのは「非常識な人が多い」です。

やかもちも幾つか販売をしているのですが、その販売価格に対する値下げ交渉があまりにも非常識!!

もちろん、フリマなので値下げ交渉もいいでしょう。しかし、当初の設定価格の半額以下を希望するような値下げ交渉はいかがなものでしょう??

やかもちが13000円で販売しているCDに対して「7000円で」みたいな一方的な値下げコメントがきたりします(笑)

もちろん、交渉なので応じる必要は無いのですが正直不愉快になりますよね(笑)
というか、返事返すのがめんどくさいです(笑)(明らかに転売目的だろうと・・・)

で、もちろん値下げ交渉をするのは良いのですが、これを読んでいただいている方は気を付けてほしいです。

 

無茶とも取れる価格提示はしない!!

交渉の落とし所を明確に持っておく。

ということです。

 

無茶とも取れる価格提示

先ほども言いましたが、当初設定している販売価格に対して説明文に何も不備が無いのに、不備を確認しようともしていないのに、半額以下などのような大幅な値下げ交渉は相手を不愉快にさせてしまい、今後の交渉に支障をきたす恐れもあります。

 

交渉の落とし所を明確に持っておく。

ここが大切です!!


15000円で販売をされている商品を13000円で仕入れたいのであれば、10000円と提示してみてもいいかもしれません。

売り手も人間です。「少しでも高く販売したい」と考えています。

ですので、交渉の段階で13000円と言ってしまうと、「14000円で」となってしまう可能性があります。

そうなると「13000円では無理ですか?」と言いにくくなってしまいます。

しかし、

自分「10000円で」と言うことで、

相手も「10000円は無理だけど・・・」となります。

そこで

自分「じゃ、13000円は無理でしょうか??」という流れになれば、

相手も「13000円なら。。。」

という気持ちの流れになりやすくなります。

交渉は、自分の考えだけを言うのではダメです!!

大切なのは相手のことも考えて、落とし所を用意しておくことです。

もちろん、上記の流れが全てに適応できるわけではありませんのでご注意ください(笑)

購入前のコメントを必要とされていない販売者の出品商品が仕入れ値にマッチしていれば、早い段階で刈り取られてしまいます。

もちろん、やかもちも刈り取っています。

メルカリ仕入れは、ジャンルによっては一撃数千円の利益を出せる商品も多く出品されていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

ご質問などあれば、お気軽にお問い合わせください^^

 

これからせどりを始める方に、無料メルマガで得する情報やせどりの始め方などをお伝えしていますので、ぜひご購読ください。

 

↓メルマガ登録して特典テキスト受け取り↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ【せどり講座】

スカイプコンサル

ブログランキング参加中

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
ランキングにご協力ください!クリック!

価格改定ツール

ページ上部へ戻る