メルカリで多いトラブル!! 詐欺に合わない為の対処法!!詐欺に合ったら面倒でしょ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

最近は、メルカリを利用して仕入れ・販売を行っている人も多いですよね。

 

私も、メルカリでよくスマホを仕入れます。

 

メルカリには、良い評判と悪い評判があるのですが、

悪い評判の代表的な物は、

 

詐欺

 

です。

 

 

ネットで個人売買をするということは、

詐欺に合う可能性が高いという事です。

そんな詐欺に引っかからない為の対象法です。

 

 

メルカリには、どのような詐欺があるのか?

メルカリで多い詐欺は

 

・商品を送ってこない

・先に支払いを完了させる

・販売されていた物と違う物が送られてくる

 

このような事があります。

 

 

一見、どれも自己防衛できそうですが、気を抜いていて

対処せずに詐欺に合ってしまう方も多いです。

それぞれの詐欺に対処法について、ご説明をしていきます。

 

 

 

商品を送ってこない場合の対処法

メルカリは、購入者が支払いをした段階で、出品者は商品を発送しなければいけません。

 

そして、出品者からの発送完了後に出品者は発送通知をするのです。

 

しかし、悪質な出品者の人は商品を送らずに発送通知だけをします。

 

一見、メルカリのシステム上は詐欺を回避できそうですが、

そのメルカリのシステムを悪用した詐欺手法なんです!!

 

 

メルカリのシステムとしては、発送した商品が購入者の手元に届いてから、

 

購入者が「受け取り通知」を押すことで、

 

初めて出品者にお金が振り込まれる流れとなっています。

 

 

しかしながら、1点だけ盲点があります。

 

 

一定期間、購入者が受け取り通知をしなければ、

 

メルカリ運営事務局が代理で受け取り通知をする

 

ということです。

 

 

この仕組みを悪用して、発送していないのに発送通知を押して、

あとは、購入者が「届かない」と意思表示をしてこなければ、

一定期間経ったあとに、事務局に代理通知を頼むという流れになります。

 

 

 

このような詐欺に合わない為に、

 

・普通郵便や定型外で発送される商品には注意をする

 

・発送通知を受け取ってから、3~4日経っても届かなければ、
出品者へ問い合わせる。

 

普通郵便や定型外は、どうしても配達までに時間がかかります。

 

 

さらに、そんなに多くはないですが「郵便事故」のリスクもあります。

※郵便事故とは、配達中に郵便の行方が分からなくなってしまうこと。

 

 

郵便事故を調査するには、郵便局への申請が必要となり、調査にも日数がかかります。
※郵便事故に関しては、別記事で。

 

 

さらに、出品者によってはプロフィールに

 

「郵便事故に関しては、責任を負いかねます」

 

などと記載をしています。

このような出品者は信用なりません。

よって、出品者からの発送方法を事前に確認して、追跡番号が無い配送方法の場合であれば、追加料金を払ってでも追跡番号のある配送方法にしてもらいましょう。

ここまでが、詐欺手法の前半になります。

後半はコチラ

メルカリで多いトラブル!! 詐欺に合わない為の対処法!!続編

 

 

 スマホ転売

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ【せどり講座】

スカイプコンサル

ブログランキング参加中

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
ランキングにご協力ください!クリック!

価格改定ツール

ページ上部へ戻る