スマホ転売で注意したいこと!!メルカリの規約変更で取引キャンセル!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スマホ転売において、仕入れ先のメインとなるのがメルカリです。

 

個人出品者から安価で仕入れて、高値で転売するのがスマホ転売の魅力です。

 

しかし、最近になってメルカリの規約が一部変更となり、

事務局側でのキャンセルが相次いでします。

 

 

私自身も、規約変更を知らなかったので購入したスマホが発送直前で

事務局キャンセルをくらいました。

 

 

私自身は購入者なので、別に被害はないのですが、

せっかく仕入れた商品がキャンセルになるのは、なんとも残念に思います。

 

 

そこで、ここで説明するメルカリの規約変更を知っておいてもらい、

スマホ転売をする際に、ぜひ注意をしていただきたいと思います。

 

 

メルカリの規約変更はどこ?

さて、今回の規約変更で携帯やスマホに関して規制が入りました。

 

その内容が、↓この部分になります。

 

今まででしたら、アクティベーションロックがかかっていたり、

端末パスワードが不明であっても【ジャンク品】として取引をすることが可能でした。

 

 

しかし、今回の規約変更で【ロックが掛かっている商品】は取扱いできず、

規約違反になってしまいます。

 

 

たとえ取引が成立したとしても、

事務局側に気付かれた時点で、事務局キャンセルが入る可能性が高いと考えた方がいいです。

 

 

よって、スマホ転売でメルカリ仕入れをする時に注意してほしいのが、

説明文を読んで、ロックがかかっている商品は避けるということになります。

 

 

もちろん、購入してみてもいいと思います。

 

事務局キャンセルが入らなければ、ラッキーですから。

 

 

ジャンク品としての需要

通常、スマホでロックがかかっている物に関しては、

 

ジャンク品

 

という扱いになります。

 

 

画面のパスワードが分からないくらいであれば、

 

端末初期化

 

でクリアできるかもしれませんが、

 

アクティベーションロックに関しては、

 

完全ジャンク扱い

 

での転売になります。

 

 

それでも部品どりとしての一定数の需要があるジャンルですので、

正直メルカリで仕入れが出来なくなるのは、少しばかり痛くもあります。

 

 

今後、メルカリを利用してスマホを仕入れるのであれば、

ロックがかかっている商品なのかどうかをしっかりと見極めていきたいところです。

 

 

スマホ転売に興味があって、まだ取り組んでいないあなた!!

 

スマホ転売は、とても利益率が高く再現性の高い転売モデルとなります。

 

私自身も、スマホ転売では利益率が30%を超えています。

 

さらに、スマホの需要を考えればすぐに廃れてしまうジャンルではありません。

 

今後も新しいスマホは販売をされます。

それに伴って、中古スマホが出てきます。

 

この中古スマホを転売することで、大きな利益を上げることができます。

 

無料のメルマガ講座で【スマホ転売】の基礎をお伝えしていますので、

ぜひともご参加ください。

スマホ転売

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スカイプコンサル

ブログランキング参加中

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
ランキングにご協力ください!クリック!

価格改定ツール

ページ上部へ戻る