せどりとは???どんなビジネスモデルなのか!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

せどりや転売とは、物販ビジネスです。

 

商品を仕入れえて販売をすることによって差益で稼いでいきます。

 
現在は、とても多くの参入者がいらっしゃいますが継続して稼げている方は、少ないように思います。

 
しかしながら、せどり・転売が難しいビジネスというわけではありません。

 
どちらかと言えば、とても結果を出しやすいビジネスモデルです。

 

 

ネットビジネスと言えば、アフィリエイトなどを聞いたことがあるかもしれません。

 
アフィリエイトは、商品を紹介して購入者が購入をしてくれることで「紹介料」と言う形で報酬を得るビジネスモデルです。

 
しかしながら、アフィリエイトはサイト構築や集客などに時間がかかるため最初の報酬を得るまでに6か月くらいかかるとも言われています。

 

しかしながら、せどりや転売は極端な言い方をすれば始めたその日に利益を得ることもできるビジネスモデルです。

 
売れる商品を見つけて、それを販売すれば利益確定です。

 

 

「簡単そうに言いやがって!!」

 

と思われるかもしれませんね。しかしながら、正しく学ぶかツールを使えば間違いなく利益を得ることが可能です。

 
私自身も転売を始めて、仕入れに行った初日に利益の出る商品を見つけてそれを出品したら、翌日には売れていた。という経験があります。

 

ですので、せどり・転売が稼ぎやすいというのは、間違いではありません。

 

 

では、なぜ「せどり・転売は稼げない」と巷で言われているのでしょうか??

 

せどり・転売が稼げないと言われる理由

 

これは、せどり・転売が稼げないのではなく、

「正しいやり方」を学ばなかった人たちが言っているのです。

 
稼げないのではなく、一過性の情報のみで稼ごうとするから「終わりがきた」というだけのことです。

 

 

せどり・転売は、あくまでも「物販」です。

 

人には物欲があります。

 

物欲があるからには物が売れないということはないですよね?

 
消費者が欲しい物を提供できれば、売れますね。

 
しかし、どこで仕入れてどこで販売をすればいいの?

 

 

ということになってきます。

 

 

商品の仕入れ先・販売先

さて、実際に商品をどこで仕入れるのか?ということになるのですが、仕入れ先は無数にあります。

 

・ブックオフ

・ゲオ

・ツタヤ

・ホームセンター

・ドラッグストアー

・スーパー

・家電量販店

・ネットショップ

 

などなど、あげればキリがないのでこのくらいにしておきます。

 

 

仕入先と言うのは、取り扱うジャンルによって異なってきますが無数にあることは理解していただけたかと思います。
では、どんな場所で販売をするのか。

 

ですが、

 

販売先は・・・

 

・Amazon

・ヤフオク

・独自サイト

 

などなどとなります。

 

ここまで読まれると、「めんどくさそう」とか「難しそう」などと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
文章で書くと難しく感じますが、実際に行動に移してみるととても単純作業なのです。

 

 

せどり・転売の基礎を身に付けることによって、とても幅広くお金を稼いでいくチャンスが広がります。
少しでも興味がある方は是非とも挑戦していただきたいですね。

 

 

私の発行していますメルマガでも、せどり・転売の基礎から応用までをお伝えしていますので、ぜひご購読ください。

 

基礎講座

スマホ転売

 

 

・せどり・転売とは物販であり、商品を販売した差益で稼ぐことができる。・どんなネットビジネスよりも再現性の高いビジネス手法である。

 

・仕入れ先は、実在する店舗~ネットショップまで幅広く存在する。

 

・販売先は、ネット販売が主流である。

 

 

中古転売の基本

仕入れ基準を考える

利益率と回転率

配送特約とは

仕入れ資金の作り方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ【せどり講座】

スカイプコンサル

ブログランキング参加中

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
ランキングにご協力ください!クリック!

価格改定ツール

ページ上部へ戻る