Amazonせどりの初心者が陥りがちな間違った思考!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

せどりを始める上で、多くの方が参入するのが

 

Amazonですよね。

 

これは、Amazonというプラットフォームの集客力とせどらー向けの使いやすさが、Amazonを利用する理由となります。

 

 

 

しかし、当然ながら他の多くのセラー(販売者)もAmazonを販路として利用しています。

 

 

そうなってくると、同じ商品を扱う限りは他のセラーは競合になるのですが、

 

同じ商品を出品している限り、新規参入者のアカウントは

 

既に多くの評価を持っているアカウントには敵わない部分が出てきます。

 

 

 

それは、カートの取得についててです。

 

 

Amazonのカートの取得できるかどうかの基準は明確にはされていませんが、

評価数や評価の高さがカート取得率の差となって現れるようです。

 

 

 

そうなってくると、新規参入者のアカウントはカートを取得しにくくなります。

 

 

※カートを取得しにくいというだけで、カートが取得できないわけではありません。

 

 

こんな時、新規参入者は「今の価格ではAmazonで売れない」と安易に判断してしまい、

簡単に値下げを始めてしまいます。

 

 

 

あなたはどうでしょう???

 

 

商品が売れないからと言って、簡単に値下げをしていませんか???

 

 

安易に値下げをしても意味が無い

 

せどりをしていて、Amazonで商品が売れないと、初心者のせどらーは安易に値下げに走ります。

 

 

しかしながら、商品が売れない理由は「価格」だけではないんです。

 

 

購入者がどのくらい商品ページを見ているのか

これも商品の売れる売れないに関係してきますよね??

 

 

 

その商品を見る人が少なければ、当然販売できる機会が少ないので

商品は売れにくくなります。

 

 

さらに、先ほども言ったようにアカウントの評価によって、カートの取得率も変わってきます。

 

 

 

「だから安くするんだよ」

 

って、初心者セラーは考えがちなんですが。。。

 

 

実際に値段を下げてみてどうですか??

 

 

自分が値段を下げても、すぐに他のセラーが値段を合せてきませんか???

 

 

それは、当然なんですよね。

 

 

 

多くのセラーは「価格改定ツール」を利用しています。

 

 

こんなやつですね↓

 

このような、価格改定ツールはAmazon内で最安値が更新されると、

自動でその最安値に合わせるように設定ができます。

 

 

 

そうなってくると、自分がどんなに値下げをしても、他のセラーがついてくる・・・

 

 

結局、

 

値下げをして利益を減らしても、自分の商品は売れにくいまま

 

という状況は何も変わらないんですよね。

 

 

 

利益を減らすだけ、自分が損をします。

 

最近では、多くの初心者が参入していたり、誰にでも商品を卸す卸業者が現れたりと、

価格相場が崩壊しかけています。

 

 

 

稼ぐ為にせどりを始めたのに、損切ばかりしていて意味がありますか???

 

 

適正価格で販売をして、適正な利益を得ることがビジネスの上では必要となります。

 

 

そこで、あなたにお伝えしておきたいことは、

 

 

待つことも必要

 

 

ということです。

 

 

 

 

安売りをする奴は放っておけばいいんです。

 

 

安売りして赤字喰らって、意味のないせどりをさせれていいんです。

 

 

あなたは、少しだけ待って他のセラーが在庫を無くしてから、

適正な価格で販売して、適正な利益を得ましょう。

 

 

利益を得てこそのビジネスです。

 

ここを勘違いせず、安易な値下げは避けるようにしましょう。

 

ちなみに、取り扱い点数が増えてくると、価格設定だけでもかなりの時間を必要とします。

 

 

 

そうなってくると効率的では無いので、ぜひ価格改定ツールの導入をお勧めします。

 

 

 

価格改定ツールを利用することで、あなたの大切な時間を有意義に使えるようになりますよ!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ【せどり講座】

スカイプコンサル

ブログランキング参加中

ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
ランキングにご協力ください!クリック!

価格改定ツール

ページ上部へ戻る