Amazon長期保管手数料規定を改定!?ロングテール商品は注意を!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

sponsorLink

こんにちは。谷口です。

 

Amazonからの連絡で

 

長期保管手数料の規定が改正されます。

 

という内容の連絡が入りました。

 

従来、FBAに納品してある商品在庫が、半年に1回のペースで

 

長期間売れてない在庫に関しては、保管手数料を取られていました。

 

 

今までであれば、手元に送り返して、再度FBAに送り直す手間と、

 

長期保管手数料の金額とで、送り返すかを決めていたと思いますが、

 

 

今回の規定改定で、

 

1年以上売れていない商品

 

毎月課金

 

可金額は従来の10分の1

 

 

という風に8月15日から改定になります。

sponsorLink

 

 

今までの仕入れスタイルが、ロングテールありきで仕入れていた方には、

 

少し痛手もあるかもしれません。

 

 

色々な考え方ができるとは思いますが、

 

私自身としては、商品の回転が良い商品中心にして、

 

売れゆきの悪い商品は早々に損切りをするべきかな・・・

 

とも思います。

 

せどりは、資金管理がとても重要なビジネスモデルです。

 

回転の悪い商品ばかりを扱うと、キャッシュフローが悪くなり、

 

最終的には、資金がショートしてせどりができなくなることもあります。

 

 

回転の良い商品・回転の悪い商品ををバランスよく仕入れていくようにしましょう。

sponsorLink

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る